成年後見人制度:立て替え

成年後見人制度の申請において弁護士に仕事を依頼した時に費用を一時的に法テラスで立て替えてもらうためには民事法律扶助の条件を満足することが必要です。条件を満足するには一定の給与や資産の条件を満たすことが必要です。それをクリアしていれば、弁護士費用の事で悩む必要は全くなくなります

握手成年後見人制度はすべての人が享受することが必要な法律ですので、例えば給与が少ない人(全く資産を持っていない人)であってもその制度を活用できることが必要です。その意味で民事法律扶助の条件は意味を持っています。少子高齢化の時代を日本は迎えるようになってきています。これまでのような法のシステムでは対応しきれなくなってきています。その意味で成年後見人制度は我が国の現状において必要不可欠な制度ですので、今後も幅広く活用浸透していくことが必要であると言えます。そのためには弁護士の果たす役割がますます大きなものになっていくことになるでしょう。弁護士は法の正義に基づいて仕事をしていきますので、成年後見制度を悪用して、依頼者の資産を横領したり、それを着服することは絶対に行いませんので、安心して多くの人が仕事をお願いできる存在なのです。

成年後見制度の状況

相談成年後見人制度の費用は弁護士に依頼をしてもそれほど費用が掛からない物ではあるのですが、すでに家族間で成年後見人になりたいということでトラブルが発生しているような場合には、それを調停することも必要になってきますので、その分弁護士に支払う費用が増えてしまう可能性も考えられます。実際にどのくらいの費用が必要になるのかは弁護士に相談して、見積もりを用意してもらうと良いでしょう。弁護士事務所間で請求される金額が若干異なってくる場合もありますので、いくつかの弁護士事務所に見積もりを依頼してその額を比較してもいいでしょう。

また、弁護士に支払う費用を用意することが難しい場合には法テラスに相談することがお勧めです。この機関は国営の法律相談を行っていて、3回まで無料で相談を行うことができます。更には弁護士費用の分割制度も用意されていますので、大変便利です。民事法律扶助の制度を活用すれば、法テラスの方で弁護士費用を一時的に立て替えてもらうことも出来ます。

成年後見人の案件に詳しい弁護士はネットサイトを活用すると比較的簡単に探すことができます。申し立てをスムーズに行って行くために、案件に詳しい弁護士に仕事を依頼するのはとても良い方法といえます

成年後見制度の費用

弁護士成年後見制度を弁護士に依頼する場合の費用はどのようなものなのでしょうか?当然のことながら無料で引き受けてくれるわけではありません。親戚の方にそれを依頼することによって、財産を好きにされてしまうというような事態は弁護士の場合には絶対にありませんので安心して仕事を依頼することができます。多くの弁護士事務所では初回は無料の相談をすることができるようになっていますので、費用のことも相談してみると良いでしょう

相談してみればお分かりになるようにそれほど費用は高い物ではありません。実際に案件がある場合にはそれに対して一定の割合で費用が発生してきますので、実際の所それほど多くの費用を弁護士に支払う必要はないのです。また、着手金という形で仕事をはじめる前に弁護士にお金を払うことが従来は必要でしたが、最近では着手金を取らないという弁護士も増えて来ていますので、このような弁護士であれば、将に実費だけを支払う形になります。更には、成人後見人の選定に当たっては、家庭裁判所への申し立てを行う必要があります。弁護士であればこのような手続きも非常にスムーズに行うことが可能となるでしょう。書類の作成に必要な切手や印紙だいなどは弁護士に支払うことが必要です。

成年後見制度とは

成年後見制度とは従来の未成年者を対象にした未成年後見人制度とは異なっており、成人に対しての後見人制度となっています。これは、何らかの理由によって、事務的な処理や契約を行うことに対しての能力を著しく欠如してしまった成人の身分を守るために後見人がおかれることになります。

成年後見人には任意後見人と法定後見人の2種類のものがあります。法定後見人の場合にはすでに当人の判断能力が大きく欠如している場合に適用されます。本人の判断能力が低下しているために行ってしまった契約事項などは解消することができます。任意後見人の場合には、現在の状態では判断能力に問題が無いのですが、今後判断能力に問題がでそうであるというような場合に適用されます。多くの場合において成人後見人は家族や親族がなる場合が多いのですが、これまでも様々な問題が起きていることもありますので、法律の専門家である弁護士が成人後見人になるケースも増えています。

成人後見人の選定にあたっては、家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。申し立ての事案に対して、家庭裁判所がOKの場合のみ成人後見人になることができます。家庭裁判所の決定に対して不服を述べることは不可能です。例えば、法律の専門家である弁護士を成人後見人として申し立てを行えば、多くの場合において家庭裁判所がOKを出すことが知られています。そのような理由から、弁護士を成人後見人に選定する方が増えてきています。