成年後見制度とは

成年後見制度とは従来の未成年者を対象にした未成年後見人制度とは異なっており、成人に対しての後見人制度となっています。これは、何らかの理由によって、事務的な処理や契約を行うことに対しての能力を著しく欠如してしまった成人の身分を守るために後見人がおかれることになります。

成年後見人には任意後見人と法定後見人の2種類のものがあります。法定後見人の場合にはすでに当人の判断能力が大きく欠如している場合に適用されます。本人の判断能力が低下しているために行ってしまった契約事項などは解消することができます。任意後見人の場合には、現在の状態では判断能力に問題が無いのですが、今後判断能力に問題がでそうであるというような場合に適用されます。多くの場合において成人後見人は家族や親族がなる場合が多いのですが、これまでも様々な問題が起きていることもありますので、法律の専門家である弁護士が成人後見人になるケースも増えています。

成人後見人の選定にあたっては、家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。申し立ての事案に対して、家庭裁判所がOKの場合のみ成人後見人になることができます。家庭裁判所の決定に対して不服を述べることは不可能です。例えば、法律の専門家である弁護士を成人後見人として申し立てを行えば、多くの場合において家庭裁判所がOKを出すことが知られています。そのような理由から、弁護士を成人後見人に選定する方が増えてきています。