成年後見人制度:立て替え

成年後見人制度の申請において弁護士に仕事を依頼した時に費用を一時的に法テラスで立て替えてもらうためには民事法律扶助の条件を満足することが必要です。条件を満足するには一定の給与や資産の条件を満たすことが必要です。それをクリアしていれば、弁護士費用の事で悩む必要は全くなくなります

握手成年後見人制度はすべての人が享受することが必要な法律ですので、例えば給与が少ない人(全く資産を持っていない人)であってもその制度を活用できることが必要です。その意味で民事法律扶助の条件は意味を持っています。少子高齢化の時代を日本は迎えるようになってきています。これまでのような法のシステムでは対応しきれなくなってきています。その意味で成年後見人制度は我が国の現状において必要不可欠な制度ですので、今後も幅広く活用浸透していくことが必要であると言えます。そのためには弁護士の果たす役割がますます大きなものになっていくことになるでしょう。弁護士は法の正義に基づいて仕事をしていきますので、成年後見制度を悪用して、依頼者の資産を横領したり、それを着服することは絶対に行いませんので、安心して多くの人が仕事をお願いできる存在なのです。